令和2年度宮崎県高等学校等トップ選手強化事業(報告)

令和2年7月18日(土)と19日(日)の両日、宮崎市熊野のひなた武道館柔道場に於きまして、令和2年度宮崎県高等学校等トップ選手強化事業(中高合同練習)が行われました。参加したのは延岡工業高校、都城工業高校、都城高校3校の高校生と、都城・北諸地区の中学生、合計50名となりました。

2日目の19日は、午後から演武発表会が行われました。新型コロナの影響で県高校総体、九州大会、そしてインターハイの出場機会を奪われた3年生のために、その引退の花道となるよう、時間は計らない、採点もしない、勝ち負けを競うのではなく、高校最後の演武披露を楽しんでもらおう、そういう思いで企画しました。

そしてインターハイが行われる予定だった埼玉県からは、勾玉、クリアファイル、そして埼玉県の高校生の手書きのメッセージの入ったうちわが、記念品として参加者全員(勾玉は3年生のみ)に配られました。

とても素晴らしい思い出に残る演武会となりました。保護者や卒業した先輩なども大勢駆けつけ、一緒に盛り上げていただきありがとうございました。

3年生諸君! 次は進学・就職に向け、悔いの残らない取り組みをして下さい。

文責:専門委員長 髙橋

コメントは利用できません。